ホーム>校友会事務局より

会員ログイン

ユーザーID

パスワード

ログイン状態を保持する

 
登録情報の取り扱いについて

土佐塾高等学校校友会 会則

第1章 総則

(名称)
第1条この会は,土佐塾高等学校校友会(以下「校友会」という。)と称す。
(事務)
第2条校友会の事務局は,土佐塾高等学校(高知市北中山85番地)内に設置する。


第2章 目的及び活動

(目的)
第3条校友会は,会員相互の親睦と,各会員の向上発展を図るとともに,土佐塾高等学校の興
隆に寄与することを目的とする。
(事業の実施)
第4条校友会は,前条の目的を達成するために,次に掲げる事業を実施する。
(1) 会員相互の親睦を図る事業
(2) 学術,文化,芸術及びスポーツを通して各会員の発展向上を図る事業
(3) 土佐塾高等学校の興隆に寄与する事業
(4) その他,校友会の目的に合致する事業


第3章 会員

(会員の種別)
第5条校友会は以下の会員で構成する。
(1) 正会員土佐塾高等学校を卒業した者(中途入学者含む。)
(2) 準会員土佐塾高等学校を中途退学した者及び土佐塾中学校を卒業し,土佐塾高等
学校に進学しなかった者で,校友会の目的に賛同する者
(3) 賛助会員土佐塾高等学校の教職員及び教職員であった者
(校友会への入会)
第6条土佐塾高等学校を卒業した者は,すべて正会員として,校友会に入会したものとみなす。
(入会金及び会費)
第7条正会員は,土佐塾高等学校卒業と同時に入会金5千円を納入するものとする。
2 会費は,第5条に定める会員が任意に支払うものとし,金額は定めない。
(届出)
第8条会員は,改姓転居等,その身分に異動を生じたときは,校友会に届け出るものとする。


第4章 役員

- 10 -
(役員の種類及び定数)
第9条校友会に次の役員を置く。
(1) 会長1名
(2) 副会長5名程度
(3) 会計1名
(4) 会計監査1名
2 校友会に名誉会長及び土佐塾高等学校在校顧問(以下「在校顧問」という。)を置くことが
できる。
(選任等)
第10 条役員は正会員の中から総会の議決により選任する。
2 名誉会長は,役員会が推薦し,総会の議決により選任する。
3 在校顧問は,会員の中から総会の議決により選任する。
(役員の任期)
第11 条会長,副会長,会計及び会計監査並びに在校顧問の任期は2年とする。ただし,再任
は妨げない。
2 役員の事故等により欠員補充のために選任された役員の任期は,退任役員の残任期間とする。
3 名誉会長の任期は,役員・幹事会が定める。
(欠員補充)
第12 条役員に事故等があり,欠員が生じた場合は,その後初めて開催される総会で新たに選
任する。
(役員の職責)
第13 条会長は,校友会を代表し,会務を総理する。
2 副会長は,会長を補佐し,会長に事故等があった場合は,会長の職務を代行する。
3 会計は,校友会の会計を担当し,総会において校友会の収支予算及び決算を報告する。
4 会計監査は,校友会の会計が適正に執行されているかを監査し,総会に監査結果を報告する。
5 名誉会長及び在校顧問は,校友会の運営について助言を行い,校友会の適正運営に尽力する
ものとする。
(役員の解任)
第14 条役員が次の各号に該当するときは,総会の議決により解任することができる。
(1) 心身の故障等のため,職務の遂行に堪えないと認められるとき
(2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき


第5章 幹事及び支部の設置

(幹事の設置等)
第15 条校友会の運営を円滑にするため,学年幹事と校内幹事を置く。
2 学年幹事は,校友会正会員で,卒業年ごとに5名程度を会長が選任し,任期は2年とする。
3 校内幹事は,校友会正会員で,土佐塾高等学校の教職員である者の中から2名程度を会長が
選任し,任期は2年とする。
4 会長は,新たに学年幹事及び校内幹事を選任したときは,選任後初めて開催される総会で報
- 11 -
告しなければならない。
(学年幹事及び校内幹事の職責)
第16 条学年幹事は,校友会の活動を円滑に実施するため,役員と協力し,校友会の運営を担
うものとする。
2 校内幹事は,校友会の活動を円滑に実施するため,役員と協力し,校友会と土佐塾高等学校
との連絡調整を担うものとする。
(学年幹事及び校内幹事の解任)
第17 条会長は,学年幹事及び校内幹事が次の各号に該当するときは,解任することができる。
ただし,解任後,最初に開催される総会で報告しなければならない。
(1) 心身の故障等のため,職務の遂行に堪えないと認められるとき
(2) 職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき
(支部の設置)
第18 条校友会の目的を達するために,必要と認められる場合は,支部を設置することができ
る。
2 支部を設置する場合は,支部会則及び支部役員を会長に届出なければならない。
3 会長は支部の設置目的が校友会の目的に合致すると認める場合は,届出のあった後,初めて
開催される総会で報告し,承認を得なければならない。


第6章 会議

(会議の種類)
第19 条校友会は,総会及び役員・幹事会を開催する。
(総会の開催)
第20 条会長は,毎年1回校友会の事業年度終了後3か月以内に通常総会を招集する。
2 会長は,必要と認めたときは臨時総会を招集することができる。
(総会の構成及び権能)
第21 条総会は,第5条に定める会員で構成する。
2 総会は,次の事項を審議するものとする。
(1) 会則の改正
(2) 役員の選任及び解任
(3) 事業計画及び収支予算
(4) 事業報告及び収支決算
(5) その他校友会運営に関する重要な事項
(総会の議長)
第22 条総会の議長は会長とする。
(総会の議決)
第23 条総会の議事は,出席会員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決すると
ころによる。
(役員・幹事会の開催)
第24 条会長は,必要と認めるときは役員・幹事会を招集する。
- 12 -
(役員・幹事会の構成及び権能)
第25 条役員・幹事会は,役員並びに学年幹事及び校内幹事で構成する。
2 役員・幹事会は次の事項を審議するものとする。
(1) 総会に付議すべき事項
(2) 総会の議決した事項の執行に関する事項
(3) その他校友会の事業の執行に必要な事項
(役員・幹事会の議長及び議決)
第26 条役員・幹事会の議長は会長とする。
2 役員・幹事会の議事は,出席役員並びに学年幹事及び校内幹事の過半数により決する。可否
同数のときは,議長の決するところによる。


第7章 会計年度及び事業年度

第27 条校友会の会計年度及び事業年度は,毎年4月1日から3月31日までとする。


第8章 その他

(会則の改正)
第28 条この会則は,総会の議決によって改正することができる。
(その他)
第29 条この会則に定めるほか,必要な事項は会長が別に定める。
附則
この会則は,平成6年1月4日から施行する。
附則(平成15年8月一部改正)
この会則は,平成15年8月5日から施行する。
附則(平成16年8月一部改正)
この会則は,平成16年8月7日から施行する。
附則(平成20年1月一部改正)
この会則は,平成20年1月12日から施行する。
附則(平成21年1月一部改正)
この会則は,平成21年1月10日から施行する。
平成19年度の会計年度は,この会則の規定にかかわらず,平成19年4月1日から平成2
0年12月31日の1年9ケ月とする。
附則(平成27年1月一部改正)
この会則は,平成27年1月2日から施行する。
平成27年度の会計年度及び事業年度は,この会則の規定にかかわらず,平成27年1月1日か
ら平成28年3月31日までの1年3ヶ月とする。